1. HOME
  2. 企業情報
  3. チェンシージャパンとは
 

チェンシージャパンとは

チェンシージャパン株式会社について、
ご紹介いたします。

社長挨拶

代表 岩堀 健太郎

チェンシージャパン株式会社
代表 岩堀 健太郎

私達、チェンシージャパン株式会社は「ITで世界中の仕事の生産性を高める」というミッションを掲げ、2016年に設立致しました。
日本の生産性は、先進国でも最下位と評価されてしまっています。私自身、中国・タイでの海外生活を13年過ごしてきましたが、各国とも成長のスピードがとても速く、どうすれば日本もこうしたスピード感を持って仕事が進むか自ら問い続けました。そして辿り着いたのでチェンシージャパンの設立です。
事業の中核は、日本に本社を置くグローバル製造業のお客様向けに、IFS Applications パッケージの導入コンサルティング及び、システム開発と導入後の運用・保守サービスの提供ですが、お客様と共に取り組むプロジェクトを通じて生産性の高まる事を共通のゴールとして取り組みます。特に生産業務への知見を強みとしております。
2021年には北米法人も設立し、グローバルで160名の業務知識を有したコンサルタントとエンジニアが在籍していますので、世界各国の現地法人と連携し、海外へのロールアウトもスムーズに対応が可能です。また、各拠点で外国籍の従業員も積極的に採用しダイバーシティ組織を構成しておりますので、海外拠点から日本拠点への導入支援もシームレスに対応可能です。こうした取り組みを通じて、お客様、ひいては社会全体の生産性を高める貢献ができますよう精進してまいります。

岩堀 健太郎

企業理念

Mission

私たちCHENGSIは、革新的なITソリューションでお客様のビジネスバリューを最大化し、
世界中の仕事の生産性を高めることに貢献します。

Mission

Vision

私たちは、グローバルなビジネスフィールドで
お客様と共に成長します。

Vision
Value

Value

1:プロフェッショナル
私たちは、常に高いレベルでお客様の要求に応え続けます。

2:スピード
私たちは、常にスピードを意識して取り組み、成長します。

3:挑戦
私たちは、常に最新の情報や技術習得に努め成長を求めます。

4:持続可能性
私たちは、私たちを取り巻く社会や環境、倫理に対する責任を果たした上での、成長である事を求めます。

5:多様性
私たちは多様性に基づいた文化を尊重し、多様な伝統、背景、民族性、性別、ハンディキャップ等の相互理解をもって将来の成功へと繋げます。

沿革

2005年 Dalian CHENGER Technology Co.,Ltd.を中国大連に設立
2008年 IFS Chinaとパートナー契約
2009年 Dalian CHENGER Technology Co.,Ltd に名前変更
2010年 ITシステム運用資格のITIL認証を取得
2012年 タイ・バンコクにCHENGSI THAI Co.,Ltd を設立
2013年 Deloitte 調査にて、ハイテク企業アジア・太平洋TOP500中178位に選出
2013年 ローコスト開発拠点としてCHENGHE Co.,Ltd. を中国吉林に設立
2014年 中国新三板NEEQ市場に上場(830864)
2016年 CHENGSI JAPAN Co.,Ltd. を日本神奈川県横浜市に設立
2019年 IFS Chinaの全株取得をし、中国国内のPrinciple Partner(総代理店)へ
2019年 IFS Japanとパートナーシップ契約
2020年 IFS Thaiの全株取得をし、タイ国内のPrinciple Partner(総代理店)へ
2021年 CHENGSI JAPAN Co.,Ltd.とIFS JapanがChannel Partner契約
2021年 CHENGSI America Inc.をアメリカ合衆国ロサンゼルスに設立